ピークデザイン トラベルバックパック45L

 ピークデザインのカメラバッグ「トラベルバックパック45L」を購入しました。色はセージ(SAGE)です。購入前にはわからなかった隠れた機能性がとにかく抜群だったので詳しくご紹介します。

ピークデザインの製品でバッグなどのソフト系のものはビニール包装で密閉されて届きます。それぞれ商品が記載されたタグが付いています。

トラベルバックパック45L
スポンサーリンク

最大の特徴

ピークデザイン トラベルバックパック45L の最大の特長は容量が3段階に変化することです。通常は35リットルの容量ですがバッグ上部を圧縮することで容量を5リットル少なくしたり、ファスナーを開けてマチを広げることで容量を10リットル大きくすることができます。

35リットルの状態(通常の大きさ)

ビニール袋から出したところです。この状態が通常の大きさで35リットルです。見た感じは大きめのバックパックくらいです。

大きさをメジャーで測ってみると
縦 55センチ 横 35センチ 厚み 25センチ 
重量 2.2㎏
でした。
(公式 外寸 : H56 × W33 × D23-29cm   重量 : 2.05kg )

正面から見たところです。

トラベルバックパック45L

裏側です。

トラベルバックパック45L

右側です。

トラベルバックパック45L

左側です。

トラベルバックパック45L

上から見たところです。

トラベルバックパック45L

底の部分です。底にある左右についているファスナーを開けると45リットルになります。

トラベルバックパック45L

30リットルの状態(最小)

バックの上部を斜めに固定すると最小30リットルになります。見た感じは上がつぶれたように見えます。

トラベルバックパック45L

上部を横からみると斜めになっているのがわかります。

トラベルバックパック45L

正面から見ると上部が中に凹むように固定されているのがわかります。

トラベルバックパック45L

丸いのが固定用のホックの頭です。

トラベルバックパック45L

30Lにするには上部にあるホックを指で合わせるようにしてとめます。

トラベルバックパック45L

ホックのオスとメスを合わせるようににバッグをつぶしていってパチンととめるのですがちょっとしたコツと指先の力が必要です。指先の力がない人だと少したいへんかもしれません。

トラベルバックパック45L

ホックをとめたところです。

トラベルバックパック45L

バッグの内側から見るとホックが良くわかります。

トラベルバックパック45L

ホックをとめたところです。

トラベルバックパック45L

ホックはしっかりとまっているので荷物を入れ過ぎたくらいでは外れることはありません。ホックを外すときは両手で力を入れて外します。

下の40Lの状態と比べると30Lはスマートに見えます。

トラベルバックパック45L

40リットルの状態だとこんな感じです。

トラベルバックパック45L

45リットルの状態(最大)

今度は45リットルの最大の大きさにしてみました。

底についている左右の2本のファスナーを下から上まで引き上げます。

トラベルバックパック45L

ファスナーを開けるとマチがあるのがわかります。

トラベルバックパック45L

上までしっかりと開けます。

トラベルバックパック45L

横から見ると40リットルの状態から

トラベルバックパック45L

ファスナーを開けるとマチが広がります。

トラベルバックパック45L

マチの幅は5センチほどあります。

トラベルバックパック45L

内側から見たファスナーが閉まっている状態ではマチが内側に畳まれています。

トラベルバックパック45L

ファスナーを開けるとマチがマチが広がります。

トラベルバックパック45L

広がるのはメイン気室ではなく表側にあるサブ気室の部分です。ファスナーを閉じてある状態です。

トラベルバックパック45L

ファスナーを開けるとこのサブ気室の容積が増えるようになっています。

トラベルバックパック45L

中に荷物を入れてみるとここまで膨らみます。かなり厚みが増えて大きくなりす。

トラベルバックパック45L

上部右側から見ても容積が増えたのがわかります。

トラベルバックパック45L

マチはサブ気室の全周についているのですがファスナーが真上まで全部は開かないので上部は35リットルの時と同じ幅のままです。

トラベルバックパック45L

底の部分もファスナーが開かないでのこの部分のマチも広がりません。

トラベルバックパック45L

45リットルの最大サイズにするとかなり大きくなりますのでお土産を買って荷物が増えても対応できます。

収納

トラベルバックパック45Lはメイン気室とサブ気室の2気室構造です。

スポンサーリンク

メイン気室

メイン気室は上部の背中側の黒色のタグがついているファスナーを左右に開けてアクセスします。

トラベルバックパック45L

底まで全部開けると大きく開くことができます。

トラベルバックパック45L

おおよそ縦 50センチ 横 32センチ 高さ 15センチ 約22リットルの容量があります。

トラベルバックパック45L

メイン気室にはサイドからもアクセスが可能です。左右両サイドについているファスナーを開けると中にアクセスが可能です。これは中にカメラキューブを入れた時にカメラの出し入れが簡単にできるようになっています。

トラベルバックパック45L

カメラキューブMのサイドファスナーを開けるとサイドからカメラを取り出せます。

トラベルバックパック45L

開いた背中側にはパソコンを入れるポケットがついています。

トラベルバックパック45L

パソコン用のポケットのサイド部分の生地は伸びる素材が使われているので大きく口を開くことができます。これによってパソコンの出し入れがとても楽になっています。

トラベルバックパック45L

ソニーのVAIO SX14なら楽々入ります。最大可能なPCサイスは縦40 横30 厚み2.5センチまでですので15インチのノートPCでも入ります。

トラベルバックパック45L

ポケットの内側にはタブレットを入れるポケットがついています。収納可能なタブレットサイズは縦24 横19 厚み1.5センチまでです。

トラベルバックパック45L

14インチのノートと10.1インチのタブレットを入れたところです。

トラベルバックパック45L

A4ファイルとA4ノートを入れてもいいですね。

トラベルバックパック45L

ポケットの上部はベルクロでしっかり止めることができますのでフタを開けた時にPCが飛び出てしまうことはありません。

トラベルバックパック45L

このPC用のポケットはファスナーを上だけ開けばアクセスできるのでバッグを立てたままで簡単にノートPCを出し入れ出来ます。

トラベルバックパック45L

人前でバックを大きく開けなくてもPCだけ出し入れできるのが旅先ではとても便利です。

トラベルバックパック45L

サブ気室

バッグの表側のサブ気室です。サイドのファスナーを開けると容積が増えるようになっています。

トラベルバックパック45L

サブ気室を開けたフタ側です、中が見えるメッシュのポケットとその下にもポケットが1個あります。

トラベルバックパック45L

上のメッシュポケットの中には小物を入れるポケットがついています。中央の2本は筆記用具を入れるのにちょうど良い大きさです。サイドの2つのポケットは幅が広くなっていてパスケースが入る大きさです。

トラベルバックパック45L

下のポケットはB5サイズなら横向きで余裕で入る大きさです。

スポンサーリンク

トラベルバックパック45L

サブ気室の本体側にもポケットが2つあって手前は細かいメッシュで中が透けて見えるようになっています。B5サイズが横向きで入る大きさです。

このポケットはメイン気室からも開けることができるようになっています。

トラベルバックパック45L

下のポケットのB5が横向きで入る大きさで同じくメイン気室からも開けることが出来ます。

トラベルバックパック45L

メイン気室側からポケットを見たところです。このようにメイン気室側からも同じポケットにアクセスできます。

トラベルバックパック45L

このサブ気室とメイン気室を分けているポケットがついた仕切りはファスナーを開けると全開することができて、サブ気室側からメイン気室にフルアクセスができるようになっています。

トラベルバックパック45L

このように全開できて表側からもメイン気室へアクセスができます。

トラベルバックパック45L

背中側のファスナーも開けるとこのようになります。ここまでアクセスが自由なバックパックは見たことないです。

トラベルバックパック45L

携帯性

ショルダーベルト

背中に背負うショルダーストラップは厚めの生地でできていて肩にソフトに当たるので重量がある場合でも痛くならないです。

トラベルバックパック45L

ショルダーベルトの長さ調整はとても簡単にできます。またベルトの先が邪魔にならないようにリングでベルトに引っ掛けてあります。他社のように輪ゴムで抑えてあるタイプと違って長さ調整が素早くできます。

トラベルバックパック45L

ショルダーベルトにはもちろんピークデザイン キャプチャー カメラ クリップを取り付けできます。

トラベルバックパック45L

ショルダーベルトは本体に縫い付けではなく丸い金具で本体にしっかりと止めてあり回転するようになっているので肩の大きさによって動かせるため体型に合わせられます。

トラベルバックパック45L

ショルダーベルトを使わないときは背中のカバーの中に収納できるようになっています。カバーは磁石でくっついているだけなので簡単に開くことができます。

トラベルバックパック45L

フタを開けてショルダーベルトを収納したところです。四角いところが磁石です。

トラベルバックパック45L

手で持つときや棚に載せるときになどベルトを使わないときに収納しておけば邪魔になりません。このアイデアってスゴイです。

トラベルバックパック45L

ショルダーベルトの胸の部分にあるスターナムストラップは上下に4段階で位置調整ができます。また余ったベルトがぶらつかないようにゴムバンドがついています。

トラベルバックパック45L

スターナムストラップの左胸側の留め具はショルダーベルトのポケットにしっかりと引っかかるような爪になっていて一度ハメると簡単に外れることがないようになっていて紛失しないようになっています。

トラベルバックパック45L

自分に合う高さのポケットに金具をしっかりハメると少し力をいれても外れません。

トラベルバックパック45L

反対側は引っ掛けるだけですがやはり爪が引っかかるようになっていて不用意に外れることはありません。

トラベルバックパック45L

外すときに引っ張るダグがついていますので片手で簡単に外せます。

トラベルバックパック45L

ウエストベルト

ウエストベルトは背中のカバーの中に収納されていて必要な時に取り出して使います。

トラベルバックパック45L

ウエストベルトは回転するように取り出します。

トラベルバックパック45L

両側のウエストベルトを出したところです。腰のサイドに当たる部分は厚い生地なので腰に優しくフィットします。

トラベルバックパック45L

ウエストベルトの接続は金具に引っ掛けるだけですが不用意に外れないような金具になっています。他社のプラスチック製のプラグと違いコンパクトなのでお腹わまりの邪魔になりません。

トラベルバックパック45L

ウエストベルトの左側には余ったベルトを収納するポケットがあります。チャックが開いているところは小物入れになっています。

トラベルバックパック45L

ウエストベルトの右側にはキャプチャは取り付けできるベルトがついています。

トラベルバックパック45L

このようにキャプチャーを取り付けできます。キャプチャーが腰に当たらないので楽です。

トラベルバックパック45L
スポンサーリンク

取手

取手は表側を除いて全部で5ヶ所ありどの向きでも手に持つことができます。

背中側の取手です。

トラベルバックパック45L

この取手はスーツケースの取手を通して上の載せる時に使います。

トラベルバックパック45L

サイドの取手ですこれは左右両方にあります。

トラベルバックパック45L

上部の取手は背中の部分にあります。

トラベルバックパック45L

なんと底にも取手があります。棚から引っ張り出すときに便利ですね。

トラベルバックパック45L

その他の機能

ポケット

表側の上部にポケットがあります。

トラベルバックパック45L

スマートフォンが横に入るくらいの大きさです。すぐに出すチケットなどの収納にも最適な位置と大きさです。

トラベルバックパック45L

ウエストベルトの左側にポケットがあります。

トラベルバックパック45L

小さいですが伸びる生地なので

カメラの予備バッテリーとかイヤホンなどなら余裕で入ります。

トラベルバックパック45L

分かりづらい位置ですがサイドポケットの裏側にポケットがあります。ただしサイドポケットにペットボトルや三脚などを入れるとほとんど入れる余裕がありません。ハンカチとか柔らかいものだけしか入れられないですね。

トラベルバックパック45L

中は狭いです。このポケットは左右にあります。

トラベルバックパック45L

サイドポケットです。本体との接続部分に幅のあるゴムと伸びる素材が使われているためかなり大きいものも収納できます。

トラベルバックパック45L

500mlのペットボトルなら余裕で入ります。伸びがいいので出し入れが楽ですが深いので走っても落ちることはありません。

トラベルバックパック45L

表側から見てもペットボトルは見えません。

トラベルバックパック45L

このくらいの小型三脚ならポケットに入ります。

トラベルバックパック45L

細いほうから入れれば楽々入ります。

トラベルバックパック45L

しっかり入っているので固定しなくても大丈夫そうですが・・・

トラベルバックパック45L

ストラップで固定すれば安心です。このストラップは2本付属しています。

トラベルバックパック45L

背中の左側に小さなポケットがあります。しっかりベルクロで止まっています。

トラベルバックパック45L

中にはネームカードが入っていました。名刺とかを入れておけばいいですね。

トラベルバックパック45L

表側の下側にも下向きのポケットがあります。フタに磁石がついているので普段はしっかりとくっついています。

トラベルバックパック45L

中はB5のノートなら入るくらいの大きさがあって固定用のベルトが入っています。

トラベルバックパック45L

ストラップ

ポケットの中から固定用のストラップをポケットから出して

トラベルバックパック45L

上部のリングへセットして表側に荷物を固定できます。

トラベルバックパック45L

レインフライの収納

表面の下部にあるポケットについているリングにレインフライを取り付けることができます。このままレインフライを中から出してカバーすることができます。

トラベルバックパック45L

レインフライを使わないときはポケットの中に押し込んで

トラベルバックパック45L

磁石がついているのでピタッとくっつくので出てくることはありません。よく考えてあります。

トラベルバックパック45L

まとめ

ピークデザインのカメラバッグ「トラベルバックパック45L」 は容量が3段階に変化するので旅行の途中で荷物が増えても容量を増やすことができるのはとても便利です。

またふだんは30Lで十分な人ならこれを買っておけば大きいバッグを別に買う必要が無いので実質的にお得と言えるでしょう。

バックパックとしての機能がとても優れているので写真撮影以外の普通の旅行用としてもおすすめのバッグです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク