カメラストラップの種類 メリットとデメリットとおすすめ

カメラを落下から守ってくれるカメラストラップですがカメラを買ったときについてくる純正ストラップのままという人がとても多いです。私もフィルムカメラ時代はずっとそうでした。

ところがデジタル一眼レフカメラを購入したときにカメラストラップを変えてみたのですがカメラストラップを変えただけでもいろんなメリットがあることがわかりました。

今回は、カメラストラップの種類とそれぞれのカメラストラップのメリットとデメリットとおすすめな人をご紹介します。

スポンサーリンク

カメラストラップの種類

カメラストラップには大きく5つの種類があります。

  1. ネックストラップ
  2. ショルダーストラップ
  3. ハンドストラップ
  4. グリップストラップ
  5. 速写ストラップ

それぞれのストラップの特徴メリットデメリットおすすめな人をご紹介します。

ネックストラップ

ネックストラップの特徴

ネックストラップは首に掛けて使うストラップです。デジタル一眼レフカメラについてくる純正ストラップはこのネックストラップが一番多いです。

カメラメーカーの機種の名前が入ったストラップが目立つので自分の欲しいカメラがストラップを見ただけでわかるのでストラップを見ながらいいな~と憧れたものです。

ネックストラップのメリット

カメラを首に掛けていつでもカメラを両手で持てる位置にあるので写真を撮りたいときにすぐに撮影する体制にはいることができます。カメラの設定などをするときにも体の正面で安心して操作できます。

ネックストラップのデメリット

カメラの重量を首で支えるので重たいカメラだと首に負担がかかり長時間だと首が疲労します。

カメラが常時体の正面にあるため撮影以外のことをするときにカメラが邪魔になります。またレンズが正面を向いているので混雑しているときにレンズが前の人にぶつかってしまうことがあります。

またカメラを首に掛けたまま走るとカメラがバウンドして胸やお腹にカメラが当たるのでカメラを手で支える必要があります。

スポンサーリンク

ネックストラップがおすすめな人

カメラストラップは付属の純正品でいいと思っている人。スナップ写真をたくさん撮りたい人。それほど重くないカメラを使っている人におすすめです。

ショルダーストラップ

ショルダーストラップの特徴

ショルダーストラップは肩に斜めに掛けて使うストラップです。長さを短くすればネックストラップとして使うことができるものもありますがショルダーストラップは肩に掛けるときに最適になるように作れれたものが多いです。

ショルダーストラップのメリット

肩でカメラの重量を支えるので重量のあるデジタル一眼レフカメラでも肩への負担が少なく疲労度が軽減されます。

カメラの位置を体の正面、腰の横、体の後ろ側などに自由に移動することができるのでカメラを使わない時や他のことをすることが多い場合に便利です。

ショルダーストラップのデメリット

ネックストラップよりはカメラを掛けたまま走ることはできますがやはりバウンドするので手でカメラを支えてあげる必要があります。

スポンサーリンク

ショルダーストラップがおすすめな人

カメラストラップでオシャレしたい人。写真を撮る時以外はカメラが邪魔な人。重たいカメラや望遠レンズをつけている人におすすめです。

ハンドストラップ

ハンドストラップ の特徴

手首につけるストラップです。主にコンパクトなカメラに使われています。

ハンドストラップのメリット

何かの拍子に手からカメラが離れてしまってもカメラを落とすことを防ぐことができます。カメラから手を離して手首にカメラをぶら下げたまま他のことができます。

ハンドストラップのデメリット

カメラの全重量を手首で支えるため重たいカメラだと手首に負担がかかります。

カメラが手首に固定されているので他のことをしたいときにはストラップを外してカメラを置く必要があります。

スポンサーリンク

ハンドストラップがおすすめな人

軽いコンパクトなカメラを使っている人。カメラを落とすのが心配な人におすすめです。

スポンサーリンク

グリップストラップ

グリップストラップの特徴

カメラのグリップ部につけたストラップです。カメラグリップを手で持った状態を固定するようになっています。手を離してもカメラが手にくっついています。

グリップストラップのメリット

カメラが手にしっかりと固定されるためカメラを不用意に落とすことを防いでくれます。

カメラを安定して保持することができます。

またカメラを握る力が不要なため長時間カメラを保持するときに疲労が軽減されます。

グリップストラップのデメリット

カメラから手を離すことができないため撮影以外に何もできません。

スポンサーリンク

グリップストラップがおすすめな人

重たいカメラを力を使わずに安定して持ちたい人。スポーツなど動きのある被写体を撮影する人。長時間カメラを保持しながら撮影する人におすすめです。

速写ストラップ

速写ストラップの特徴

シャッターチャンスを逃さないことに重点をおいたストラップです。肩パッドの位置は固定したままカメラを移動できるようになっていてショルダーストラップの進化形というものが多いです。

重たいデジタル一眼レフカメラを支えるのに最適になるように作られています。

速写ストラップのメリット

カメラをストラップに下げた状態からカメラを持って撮影する体制までの動きがスムースなのでシャッターチャンスを逃しません。

肩パッドが大きくソフトなものが多くカメラを移動しても肩パッドの位置が固定されているので重量のあるカメラでも楽に操作することができます。

速写ストラップのデメリット

構造が複雑になるのでストラップ自体の大きさや重量が増えてしまって肩への負担が増えてしまいます。価格が他のストラップより高くなります。

速写ストラップがおすすめな人

とにかくシャッターチャンスを逃したく人におすすめです。

まとめ

カメラストラップはカメラの大きさや重さ、写真を撮る目的や撮影頻度、自分のカメラスタイルに合わせて使いわけるのがおすすめです。

普通に写真を撮るだけならネックストラップかショルダーストラップを購入すれば間違いありません。

写真を撮るのが面白くなってきたらいろいろなストラップを使ってみるといいでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク