初めてのデジタル一眼レフカメラ 必要なアクセサリー

初めてのデジタル一眼レフカメラを購入したら次は必要なアクセサリーを購入しましょう。実店舗で購入するならカメラと一緒にアクセサリーも買うと交渉しだいでは安くしてくれることもありますよ。

スポンサーリンク

デジタル一眼レフカメラのアクセサリー

必要なアクセサリー

これだけはカメラと一緒に買っておいたほうがいいアクセサリーです。

  • レンズ保護用フィルター
  • モニターの液晶保護シール
  • ブロアー

レンズ保護用フィルター

カメラのレンズを傷と指紋や汚れから保護するためにレンズの前に装着するフィルターです。保護フィルター、プロテクターフィルターと呼ばれています。

レンズ保護フィルター

レンズの表面に傷や指紋などの汚れををつけてしまうと写真に影響がでてしまいます。

さらにレンズに致命的な傷をつけてしまうとレンズそのものが使えなくなってしまいます。

保護フィルターを付けていればフィルターに傷をつけてしまってもフィルターの交換だけで済みますし汚れてもレンズよりは気軽に拭き取れます。

レンズはとても高価ですので必ず保護フィルターを付けましょう。

モニターの液晶保護フィルム

デジタル一眼レフカメラの背面についているモニターの液晶画面を傷から保護するためのフィルムです。

モニターの液晶保護フィルム

カメラの機種によってモニターの大きさも形も違うので機種別に専用のフィルムがあります。

中古のカメラの場合にはすでに張り付けてあることが多いですので確認してから購入しましょう。

カメラによっては表示パネルの液晶画面に貼る保護シールもあります。

表示パネルの液晶保護フィルム

ブロアー

カメラにホコリは大敵です。そのホコリを空気で吹き飛ばすためのものです。

ゴム製で手で握ると先端から勢いよく空気が出る簡単なものでOKです。

ブロアー

一眼レフカメラの本体にはミラーがついているのですがそこにホコリが付いたときに専用のクリーナー以外で拭き取るとミラーに傷をつけてしまいます。

デジタル一眼レフカメラのミラー

ミラーについたホコリはブロアーで拭き飛ばす必要があるので1本は用意しておきましょう。

レンズの後ろ側(カメラに装着する側)についたホコリにも使います。

レンズの後玉
スポンサーリンク

できればあったほうがよいアクセサリー

予算があればカメラと同時に購入したほうが良いアクセサリーです。

  • カメラバッグ
  • 予備のバッテリー
  • 予備のメモリーカード

カメラバッグ

デジタル一眼レフカメラは精密機械ですので衝撃から保護する必要がありますのでカメラ専用のバッグがあったほうが良いでしょう。

カメラバッグは落下などの衝撃からカメラやレンズを保護するように外部が硬い素材で内部にクッションがついています。

アクセサリーなども収納できるのでとても便利です。

形はいろいろありますが初めて買うなら今持っているカメラとアクセサリーが全部入る大きさなら何でも大丈夫です。デザインや重さ、持ちやすさで選びましょう。

最初から大きなカメラバッグを買ってしまうと気軽に持ちだせなくなりますのでコンパクトなものがおすすめです。

コンパクトなカメラバッグ

将来、交換レンズやストロボなど他のアクセサリーを買ったときはその時にバッグも大きいものを買っていけばOKです。

カメラバッグはいくつかの大きさを持っていて行く場所や必要なものによって使い分けるのがベストだからです。

スポンサーリンク

予備のバッテリー

デジタル一眼レフカメラはバッテリーで動作しますのでバッテリーがなくなってしまうと写真が撮れなくなってしまいます。

予備のバッテリー

バッテリーの容量によってシャッターを切ることができる枚数が違いますがスイッチをオンにしておくだけでもバッテリーは消費します、

写真の枚数は少なくても使っていいる時間が長い場合には予備のバッテリーを用意しておいたほうがいいです。

あと暗い場所でストロボを使う時はバッテリーをかなり消費するので必ず予備のバッテリーが必要です。

バッテリーは機種によって違いますので確認して購入しましょう。

予備のメモリーカード

メモリーカードの容量で写真を保存できる枚数が違いますので大きめの容量のものを買ったほうが便利です。

予備のメモリーカード

撮った写真をすぐにパソコンに移動できない場合もありますので予備のメモリーカードを数枚もっていると安心です。

後でもいいけど欲しくなるアクセサリー

写真を撮り始めると欲しくなるアクセサリーですが必要になってからでもいいと思います。

  • 三脚
  • ワイヤレスリモコン

三脚

カメラをしっかりと固定して写真を撮る必要がある場合があるなら三脚は必須アイテムです。写真を撮る対象によっては最初から必要です。

三脚

集合写真や自撮りするときにも三脚が必要です。

三脚はポケットに入るくらい小さくてコンパクトなものからプロが使う重い大きなものまで多くの種類がありますし価格もいろいろあります。

最初に何でもいいからと安い三脚を購入するとほとんどの場合失敗するので後から自分がどうゆう目的で三脚が必要なのかを把握してから購入したほうがいいです。

もし旅行で自撮りをするなら軽い三脚を選ばないと荷物が重たくなってたいへんです。しかしデジタル一眼レフカメラが重いと軽量な三脚では支えきれない場合があります。

望遠レンズなど長くて重いレンズをつけていると重さに耐えきれなくてレンズが下を向いてしまったり風が吹いたらカメラごと倒れてしまうこともあります。

三脚自体の重量とカメラを支える重さの耐荷質量を確認して選ぶようにしましょう。

デジタル一眼レフカメラの場合は全体の重量がかなりありますのである程度の強度のある三脚を選ばないと失敗します。

軽くて安い三脚はコンパクトデジタルカメラ用だと思ってください。

ワイヤレスリモコン

リモコンにはカメラとケーブルで繋がっているものとワイヤレスのものがありますが初めてかうならワイヤレスリモコンがおすすめです。

ワイヤレスリモコン

自撮りするときにセルフタイマーを使えばいいのですがなかなかシャッターを切るタイミングが合わないものです。

そうゆう時にあると便利なのがワイヤレスリモコンです。リモコン自体は小さいものなので手に持っていてそのままシャッターを切ることができるので大勢で記念写真を撮る時などにとても便利です。

またカメラに触れずにシャッターを切ることができるので、ほんの少しのブレも許されない写真を撮る時にも便利です。静物写真や天体写真には必須です。

ワイヤレスリモコンはカメラも機種によって専用のものが発売されていることが多いので使える機種を確認して購入しましょう。

カメラアクセサリーはよく調べて買いましょう

デジタル一眼レフカメラは精密機械ですしレンズはガラス製です。

衝撃や傷、汚れから保護するために必要なアクセサリーは最初から使うことをおすすめします。

それ以外のアクセサリーは必要になってから購入するほうが失敗しません。先に買ったけどぜんぜん使わなかった。とりあえず買ったけどカメラに合わなかった。

そうゆうことがないようにカメラアクセサリーはよく調べてから買いましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク